Makoto Nishitani


“良いものは変わらない”

を信念にミリタリーからテーラリングに渡り多彩なデザイン技術を持つ希有な職人クリエイター。

国内屈指のデニムブランド“FULLCOUNT”の生産をはじめ

インポーターとして2002年より海外ブランドの国内普及にも手腕を発揮。

2009年からは「 w j k 」のメインデザイナーを務め“生産”から“創造”の現場へ身を移す。

2013年AWより1piu1uguale3/AKMデザイナーのTomohiro Ozawaをディレクターとして迎え

collection brand【VADEL】をスタート。
Top